人気ブログランキング |

3回食が体に良いといわれるのはなぜ?

欠食してしまうこと(特に朝食の欠食)はなぜ良くないと言われているのでしょうか。今回は1日3回の食事が体に良いと言われる理由について取り上げたいと思います。

 1日3食の習慣は、鎌倉時代に取り入れられ、公家社会に引き継がれ、徳川時代には2・3食混合、明治になって一般庶民に定着したと言われています。

 1日3食の規則的な食事が望ましい第1の理由は、人間の体に備わっている生体リズムに3食という回数が適しているから。体内時計によって刻まれている生体リズムに合わせて1日3回きちんと食べることが疲労回復や肥満を防ぎます。2つ目に、1日に必要な栄養素は3食でないと充足しにくいからです。

(^-^)朝食のウォーミングアップ効果

 朝・昼・夕の3回の食事には、1日のリズムを守る効果もあります。

特に、朝食を食べることで睡眠中に下がった体温が上がり、眠っていた臓器を起こし、1日の活動への準備ができます。また、食事により午前中の活動のためのエネルギーが補給されます。忙しい現代の皆さんにとって、朝食は1日のリズムをつくる大切な時間といえます。

◆生体リズムの発信源は脳にある「体内時計」

 脳の視床下部に生まれつき備えていると言われる「体内時計」で、睡眠・食事・活動などの生体リズムをコントロールしています。生体リズムは本来1日25時間の周期ですが、体内時計の働きで1日24時間周期に調整されています。その調整にもっとも強い影響を与えるのが夜明けや日没などによる光の変化です。日没後でもコンビニの照明、コンピューターのディスプレイ、テレビ画面などの強い光を浴びると体内時計は狂ってきます。そして、睡眠不足、疲れ、精神的不安などの弊害が生じてきます。海外へ旅行した際に起こる「時差ボケ」は、この体内時計の働きが狂ってしまった状態。食事の時間を定めることで改善します。

◆肥満は夜つくられる!!

 夕食には、その日に消費された栄養素や睡眠中に必要なたんぱく質やミネラルを補給する役割があります。しかし、食べ過ぎはよくありません。特に、夜遅い食事は好ましくありません。空腹感から早食い、ドカ食いを招きます。食べ過ぎたものは体脂肪として蓄積されやすくなります。胃もたれ、不眠、翌朝の食欲低下にもつながります。また、空腹時間が長いところへ1度に食べ物が入ると、脂肪を積極的に溜めこんでしまいます。残業などで夕食時間が遅くなってしまう人は、夜7時前後に小さめのおにぎりやサンドイッチ、ヨーグルト、牛乳、バナナなどの軽食を摂り、帰宅してから消化の良い軽めの食事(油を控えた食事)を摂りましょう。

★健康の維持・増進にはバランスのとれた食事とともに、食事の回数や食事時間も大切です!
〈参考文献〉栄養の基本がわかる図解事典/中村丁次監修(成美堂出版)

これからも、食や健康に関する情報を取り上げていきたいと思っております。お楽しみに・・・

by laketown-clinic | 2009-02-13 20:00

<< 花粉症対策には生活習慣の見直し...